エルゴ枕について


ベッドフィッターがお薦めする2種類のエルゴ枕をご紹介いたします。
 
 
 
・エルゴ枕
やわらかく包み込む独特のかたちが人気の枕。
上下の2ゾーンに分かれていて、首元までのびた形が仰向け・横寝をしっかりとホールドします。


サイズ:W80×L60cm
カバー:オーガニックコットン100%
中身 :羊毛100%

・馬毛入りエルゴ枕

首元に馬毛を使用したコシのあるタイプ。
内部は4つのパーツに分かれそれぞれ高さを変えられます。
羊毛部分(左右と上部)は沈静効果の期待できる霜降松チップ入りです。

サイズ:W80×L60cm
カバー:オーガニックコットン100%
中身 :首部 馬毛(豚毛混)
             その他 羊毛100%+霜降松チップ



1.高さの調整ができます

羊毛の量を調整し自分好みの枕を作れます
ご自宅のマットレスに横になってみて、羊毛の量を調整しましょう。仰向けでは顎が上がったり、下がったりしないように気をつけます。横向きでは肩幅と沈み具合によってバランスをとりましょう。



羊毛は最初はたくさん入っていますので、
量を調整して抜いて下さい。抜いた羊毛は
付属カバーに入れてミニクッションとして
ご使用ください。


 







枕はよくほぐして馴染ませて下さい。
使用していると少しまとまってきますので
その時にも外側からほぐしてあげると
枕がふっくらします。









2.湿度調整力の優れた自然素材



羊毛
つぶ状の羊毛が絡み合って形作ります。
汗を処理してくれる湿度調整力と保温性が高い羊毛は、
夏はさらっと快適に、冬は体をやさしく温めてくれます。人生のパートナーと呼べる素材です。


 
 

 
羊毛のうろこ状のスケール
羊の毛は雨が降ると縮み、体まで水が染みないようになっていて乾くと元にもどります。ウールの表皮はスケールと呼ばれるうろこ状になっていて開いたり閉じたりして湿度をコントロールします。






馬毛
馬のたて髪と馬や牛の尻尾の毛を人の手によって集めた
もので、非常に高価な素材です。
弾力性と通気性に富み、ヨーロッパではコシのある独特の感触が
古くから高級素材として高い評価を受けています。



□ お手入れ方法
天然素材は太陽の光を浴びることが一番のお手入れ方法です。特に羊毛は、本来持っている復元機能と自浄能力によって、吸収した汗を中和・分解することが出来ます。そのため羊毛製品はお洗濯ではなく、天日干しを行ってください。ご使用いただくうちに、羊毛が少しずつ硬くなってきますが天日干しすることによってふっくらした感じが戻り、殺菌効果も生まれます。また、最初の調整時に取り出した羊毛は補充もできます。羊毛のみの追加販売もございます。